ハーバリウムボールペン作りのコツ|中栓(フタ)の簡単なはめ方

ハーバリウムボールペン作りのコツ|中栓(フタ)の簡単なはめ方

インドア

ハーバリウムボールペンを作るときに、最後のフタ(中栓)がなかなか閉まらず、断念してしまう方もいるようです。

ここでは、必要な材料、簡単なフタのはめ方を紹介していきます。

コツが分かれば誰でも簡単にできますのでぜひやってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

ハーバリウムペンのフタをはめる時に必要な材料

・つまようじ (竹串) 1本

・ティシュペーパー 1枚

 

 

簡単な フタのはめ方

①ハーバリウムを作ったら、上から3~4mm下までオイルを入れます。

 

 

②フタをまっすぐ乗せたら 倒れないようにしっかり持ち、上から指でまっすぐ下に押します。

 

 

③フタが半分くらい入ったら、写真のように容器とフタの間につまようじを入れ、つまようじを少しずつ動かしながら空気を抜いていきます。

オイルがこぼれてくるので、ティシュでふきながらしてください。

 

 

これくらい入れたら できあがりです♪(フタが1~2mm出るくらい)

 

 

フタは半分くらい入れればいいみたいですが、私は抜けそうで不安なので しっかり押し込んで、接着剤をつけています。

接着剤をつけたら、はみ出したところをふいてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ハーバリウムボールペン作りで苦戦する人が多い 中栓の簡単なはめ方を紹介しました。

ピンセットなどの硬いものですると、指をケガしてしまうことがあるので つまようじや竹串ですることをおすすめします。

インドア
スポンサーリンク
mihira

コメント

タイトルとURLをコピーしました