ほこり掃除のおすすめグッズを紹介!便利な使い捨てハンディワイパー

ほこり掃除のおすすめグッズを紹介!便利な使い捨てハンディワイパー

インドア

家の中のホコリは 掃除しても繰り返し積もってしまい、特に 濃い色の光沢のある素材のものにホコリが積もると目立ってしまいます。

ホコリがサッと簡単に拭けて、かつ ホコリが舞い上がらないように掃除できれば、またすぐにホコリが積もるという悪循環も防ぐことができます。

ここでは 手入れが必要なく、ホコリが舞い上がりにくいホコリ取りグッズを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ホコリ掃除のおすすめグッズはこれ!

ホコリ掃除のおすすめグッズは モップ部分が汚れたら取り替えて使う、使い捨てハンディーワイパーです。

使い捨てではないホコリ取りモップの掃除の流れを考えると、「拭く→汚れる→洗う→干す」という作業をしなくてはならず、 手間ですよね。

しかも ホコリまみれになったものを洗うのも取れにくかったりホコリが舞ったりと、できればしたくない作業です。

そのような手入れが必要ない 使い捨てハンディーワイパーなら 洗って乾かす手間がはぶけます。

 

スポンサーリンク

 

使い捨てハンディワイパーの種類

使い捨てハンディーワイパーとは、持ち手部分とモップの部分で分けられて、モップ部分が汚れたら新しいものに取り替えて使います

いくつか種類がありますのでおすすめを紹介しますね。

 

ユニ・チャーム「ウェーブ ハンディワイパー」 

出典:ユニ・チャーム公式サイト

ユニ・チャームの「ウェーブ ハンディワイパー」は ホコリやゴミの吸着力が優れており、さらに ホコリが舞い上がらない構造になっています。

取替シートが8枚入りで400~500円で売っていますので、1枚あたり50~60円なのでコスパが良いです。

 

出典:ユニ・チャーム公式サイト

収納ケース付きのものを購入すれば 部屋のインテリアにもなりますし、ケースに穴が空いていて フックなどで壁にかけることもできます。

また ケースが付いていることで、シートに付いた汚れも見えにくくなるので 気持ちよく使うことができます。

 

 

ユニ・チャーム 「ウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ」

出典:ユニ・チャーム公式サイト

ユニ・チャーム「ウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ」は、持ち手の端からホコリ取りシートの先までの長さが最高89cmまで伸びます

出典:ユニ・チャーム公式サイト

長さとシートの角度が調節でき 手の届かないエアコンの上やカーテンレールの上、ドア枠の上、洗濯パンの隙間など、脚立にのぼったり、隙間に手を直接入れなくても簡単にサッとホコリを掃除することができます

「ウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ」の長さを縮めているときの持ち手の先からシートの先までは 約60cmで、「ウェーブ ハンディワイパー」の持ち手の先からシートの先までは約36cmなので、普段 手の届くようなところの掃除に使うには 「のびるタイプ」は少し使いにくいかもしれません

どちらも付け替えシートは同じものなので、両方持っておいて 使う用途で分けるのもいいですね。

 

 

花王 「クイックルワイパー ハンディ」

出典:花王公式サイト

花王 「クイックルワイパーハンディ」の特徴は、360度モフモフがついているので 全面でホコリ取りができ、こちらも 吸着性に優れています

取替シートは3枚で250~300円で売っていますので、1枚あたり約80~100円かかります。

紫色が可愛くてテンション上がります♪(黒もあります)

 

花王 「クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ」

出典:花王公式サイト

花王 「クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ」です。

縮めたときの柄の長さが長すぎないので 普段 手の届くようなところの掃除にも向いているようです。

 

出典:花王公式サイト

柄の部分が約100cmまで伸び シートの角度が調節できるので、ユニ・チャーム「のびるタイプ」同様、エアコンやカーテンレールの上などの高い所、手の届きにくい隙間などのホコリ取りを手を汚すことなくスムーズにすることができます。

「クイックルワイパーハンディ」であれば 付け替えシートは同じものです。

 

 

まとめ

ユニ・チャーム「ウェーブ ハンディワイパー」と 花王 「クイックルワイパー ハンディ」を紹介しました。

どちらも伸びるタイプがあり、高いところや隙間の掃除にはとてもおすすめの商品です。

コスト重視で選ぶなら ユニ・チャーム「ウェーブ ハンディワイパー」 を、

機能重視で選ぶなら花王 「クイックルワイパー ハンディ」をおすすめします。

 

 

インドア
スポンサーリンク
mihira

コメント

タイトルとURLをコピーしました